中国旅行での体調管理(食事や乾燥に注意)

旅行中は、出発前いい上に睡眠や急速がひつ余殃なのは言うまでもありませんが、慣れない外国での観光は、ホテルのベッドが合わない、食事が合わないなどでなかなか体調が万全にならないことも少なくありません。

広大な国土

例えば、食事の量。中国では、ホテル内のレストランを除き、量は多めです。日本では、一人用の中華 お取り寄せなどメニューがありますし、レストランでも一人用の中華ランチセットなどがありますが、本場中国には、もともと一人で食事をする習慣は存在しなかったため、一皿が多めになっています。一皿を吹く数人で分け合ったり、時には点心だけにするなどして、調整する必要があります。また、意外にに脂っこい料理が多いのも特徴です。少しでもお腹のもたれなどを感じたら、日本食やおかゆなど、胃に優しいものを食べるようにして、体を休めることが必要です。

空調や水にも注意が必要です。ホテルやレストランなどは冷房を「これでもか!」と効かせるのが、あるべきサービスと考えているところもあるので、さっと羽織ることができる洋服は必須です。移動のバスのなかでも同様です。

また四川省や雲南省を除いて、乾燥している地域が多いので、就寝中はバスタブにお湯を張って浴室のドアを開けるなどして、乾燥対策をしましょう。枕元にぬれタオルを置いておくのもありです。

さらに注意が必要なのは夏の日差しです。紫外線の照射量が非常に多いため、帽子やサングラス、日焼け止めは野外観光の必需品です。熱中症を起こしてしまうと、回復まで時間がかかるので、常に水分補給を心掛けましょう。