前立腺がんの検査と治療

前立腺は男性だけが持つ臓器ですが、肉類を中心とした食生活の欧米化、高齢者の増加等を背景に、前立腺がんの患者は増加傾向にあります。統計によると、1998年の新規患者数は約1万6000人でしたが、専門家の間では2020年には約7万8000人まで増加すると考えられています。

前立腺がんの早期に発見でき、適切な治療を施せば治る病気です。しかし、初期症状が出にくいため、血尿や排尿時の痛みなどを感じたときには、かなり進行していたり、骨に転移してから痛みが現われ、ようやく発見されることがあります。早期の発見には、50歳以上の方の場合、年に1回は腫瘍マーカーなどに代表されるがんの検査を受けるようにしたいものです。

前立腺がんの検査には、PSA(腫瘍マーカー)という血液検査で前立腺の異常の有無を調べます。以前は医師が肛門から指を入れて調べる「直腸診」という方法がとられていましたが、抵抗を持つ患者が多いという問題がありました。検査の結果、問題があるときは必要に応じて、直腸診や超音波断層法、組織検査などが行われます。

早期発見であれば、治療のオプションは色々考えられます。手術療法、放射線療法、ないぶつぴつ両方、その組み合わせなどが可能です。近年は、放射線を出す小さなカプセルを前立腺の中においてがんの部分にのみ照射させる「ブラキセラピー」といった放射線治療が一部の医療機関で行われるようになりました。

白血病患者らを救う骨髄・臍帯血バンク

人体に不可欠な血液を作っているのは骨の中にある骨髄ですが、そこに含まれている「造血幹細胞」という細胞が、分裂をを繰り返して赤血球や白血球、血小板に分かれ、全身に運ばれます。この造血幹細胞ががん化して以上に増殖したり、機能低下すると正常な血液を作ることができなくなり、白血病や再生不良性貧血などの深刻な病気になります。

そうした患者の造血幹細胞を抗がん剤や放射線でやっつけて、健康な人のものと交換する治療法が「造血幹細胞移植」です。大きく分けて、骨髄移植、臍帯血移植、末梢造血幹細胞の3つのタイプがあり、骨髄と再対決には公的なバンクが存在します。

骨髄移植のドナーは誰でもOKというわけではなく、白血球の型(8種類)を一致させる必要があります。しかし、その合致率は兄弟姉妹でも4分の1、他人から探すときは数百~数万分の1と非常に低くなっています。そのため、適合者を見つかるように多くのドナーを集める受け皿として発足したのが日本骨髄バンクです。

ドナー登録できるのは18~54歳の健康な人です、移植希望患者が登録すると検索を行います。適合したドナーが合意すれば、骨髄移植を行う場合は入院して全身麻酔を掛け、骨髄液を採取して移植します。ドナー登録は2008年に目標である30万人に達し、翌年には移植希望者の95%に適合者が見つかりました。しかし、健康状態などで提供できないケースもあり、実際の移植率は60%ととなっています。

一方、臍帯血移植は、生まれたばかりの赤ちゃんの臍の緒や胎盤の血液に含まれる造血幹細胞を利用します。通常は捨てるものなので、提供する母子には負担はかからず、凍結保存するのでいつでも使うことができます。公的な臍帯血バンクは全国に11あり、日本臍帯血ネットワークがまとめ役になっています。ストックは目標を上回る3万本を超えており、検索での適合率は90%以上ですが、含まれている幹細胞の量が少ないものもあり、大人にも使える量で同じ3万本を新たな目標としています。

臨床工学技師の仕事

医師の指示の下、人工心肺、人工透析、人工呼吸といった人間が生命を維持するために必要な機能の一部を代行する医療機器(生命維持管理装置)の捜査や保守を担当するのが、臨床工学技師のお仕事です。

人口心肺は、心臓や血管などの手術で心臓を止める際、心臓と肺の役割をするもので、人口肺やPCPS(Percutaneous Cardio Pulmonary Support:経皮的心肺補助装置)などがあります。

人工透析は、慢性腎臓病や糖尿病などで腎臓の機能が低下したとき、体内に溜まった老廃物や過剰な水分を排出するもので、人口透析装置や血漿交換装置などがあります。

人工呼吸は、心臓や肺などの疾患で呼吸が弱く体に必要な酸素を十分に取り入れることができないときに使用するもので、人工呼吸器や高気圧酸素治療装置などがあります。

臨床工学技師は、これらの重要な機器の組み立てから操作、保守、点検までを行います。他にも電気メスや輸液ポンプ、除細動器など、病院で使用される様々な機器の管理、操作、さらに看護師などのコメディカルへの機器の使用方法の教育なども、仕事になります。

看護師に訊いた海外への旅行や生活での予防接種

海外生活をする場合、予防接種をどのような目的で受けるは、国によって異なります。欧米などの先進国では日本より定められた予防接種の種類が多く、半強制的で、子供の場合はまた規定の接種を受けたという証明書がないと入学できない場合がほとんどです。この場合、受けなければいけない予防接種を調べて、渡航前に受けておかなければなりません。

逆ににアジアの一部では、国民の医療制度が整っていないので、日本脳炎、肝炎などが実際に流行しているところが少なくありません。生活するなら当然のこと、旅行をする場合も、その国の感染症の状況を調べて、事前に必要なものを済ませる必要があります。最近は修学旅行で海外に行く中・高校が増えていますが、学校の旅行に付き添って生徒の健康を管理するお仕事は大変ですねぇ。

王熱ワクチンなど、通常の医療機関では接種を行っていないものもありますので、海外生活や海外旅行が決まったら、時間にゆとりを持って必要な手続きを行いましょう。